9/20/2012

あきらめるのはちょっと早い




1.Qg3 Qd5 、French Defence Fort Knox Variation から起こる局面です白は g7 ポーン取りの狙いと、黒が 0-0 した場合 Q が g7 ポーンをピンする形になります。

黒が 0-0-0 することを Q が妨げているようにも見えますが、黒キングの通過するマスに Q の利きはないため例えば 2.Qxg7?? 0-0-0?? とすることは可能です。



2.Qxg7?? Rg8 当然こうなります。

3.Qxf6?? なら 3...Qxg2# なので白はここでリザインしましたが、3.c4 という手があるので、黒優勢だとしてもリザインするのはまだ早いと思います。



3.c4 Qxd4 4.Qh6 0-0-0

こうなったら私の実力ならまだわかりませんので( 笑 ) 続行したほうがいいでしょう。



白が 1.Qg3 とする前の局面( 黒が c6 としたところ )ですが、ここで白は Rfe1 で half-open e ファイルにルークを持ってくる手などが良いです。

黒も 1.Qg3 の局面では 1...Qd5 Trap のような手よりも 1...0-0 や 1...g6 とする方がいいです。




1.e4 e6 2.d4 d5 3.Nc3 dxe4 4.Nxe4 Bd7 5.Nf3 Bc6 6.Bd3 Nd7 7.0-0 Ngf6

Fort Knox の典型的な局面です。

Ne4 が Nf6 と Bc6 に攻撃されているため、白は Ne4 をどうするか考える必要があります。

8.Nxf6+ とするのも悪くありませんが、Fort Knox では一般的にピース交換は黒に好都合なので

8.Neg5
8.Ng3
8.Ned2
8.Qe2

などとして白からピース交換にいくことは避ける方が黒にとっては厄介です。

白はなるべくピースを残して戦力を保つ。
黒はピース交換をして白の戦力を減少させることが考えられます。

0 件のコメント: