10/23/2011

分かり易いように考える


黒が 1...g5 としてきた場合
図から白先手の場合

両方考えてみてください。

今回は正解手順を最後まで記載していません、黒が 1...g5 としてきた場合と
白先手 の場合、どのように考えるかに着目してみました。




黒 1...g5 の場合

白 目標 勝つこと
黒 目標 ドローにすること

白はポーンを昇格させることができれば勝てるでしょう。一方、黒は白ポーンを取ることができればドローにできます。

ナイトの動きで良い手が見つからないのであれば、ナイトなしで考えてみましょう。


ここから 1...g5 となったあと、下記2つの局面になっても白はポーンを失わないため、ナイトを上手く使い、黒ポーン2つを取ることができれば白が勝てそうです(黒ポーン2つ取ってもドローになる場合もありますが)。




Fritz 12 の分析によると、1...g5 では白が勝ちそうなので、1...Kg5 の方が黒としてはいいみたいです。



次に白先手の場合を考えると

白黒の目標は先ほどと同じ。
白はとにかくポーンを失ってはダメです。

先ほどと同じように、ナイトの動きで良い手が見あたらないなら、ナイトなしの状況で考えた方が分かり易いです。



1.Kf4 はどうでしょうか? もし黒が 1...g5+ としてくれば 2.Kxf5 で白が勝てるでしょう。

1.Kf4 なら 1...Kg5 も防げます。
1.Kf4 Kh6 でも 2.Ne7 または 2.Ne3 から f5 ポーンを取って白が勝てるでしょう。


ちなみに下図のようなミスに注意!(ドローになります)




0 件のコメント: