5/02/2011

どっちかではなく

K + P vs K の ending 単純なようで間違いやすいものもあります。ナイトポーンの場合、私はよく間違えそうになります( というかよく間違えている 笑 )。



図の局面では、白先手の場合、黒先手の場合それぞれで気をつけ方が違うので、うっかりするとドローになってしまいます。残り時間が少ないときは特に注意が必要です。

白先手の場合
1.Kh6 なら白は勝てますが、1.Kf6 では stalemate になる可能性があります。
1.Kh6 Kh8 2.g6 Kg8 3.g7 Kf7
1.Kh6 Kf7 2.Kh7

1.Kf6? Kh7 ここで 2.g6+?? とすると 2...Kh8 3.g7+ Kg8 でドローになります。
1.Kf6? Kh7 2.Kf7 でも 2...Kh8 3.g6?? としてしまうとドローになります。
ですから、 1.Kf6 Kh7 となってしまった場合は、2.Kf7 Kh8 で 3.Kg6 Kg8 として図の局面に戻しましょう。


黒先手の場合
黒キングが h8, f8 どちらにいっても白は勝てるのですが、h8 に行った場合は気をつける必要があります。

1...Kf8 では 2.Kh7 で白が簡単に勝てますので、黒は 1...Kh8 とするでしょう。
1...Kh8 の場面では 2.Kf7 と 2.Kh6 のどちらにするか迷います。
2.Kf7 では白が簡単に勝てるのですが、2.Kh6 としてしまった場合はこれまた stalemate になる可能性があります。

1...Kh8 2.Kf7 Kh7 3.g6+ Kh8 4.g7+ Kh7

1...Kh8 2.Kh6? Kg8 ここで 3.g6?? としないよう気をつけましょう。3.g6?? Kh8 4.g7+ Kg8 でドローになります。
ですから 1...Kh8 2.Kh6? としてしまった場合は 2...Kg8 3.Kg6 として図の局面に戻しましょう。


以上、白先手と黒先手で気をつけかたが異なるので、間違えやすいですが、落ち着いて読めば大丈夫なのと、白・黒先手で対応が異なるということを覚えておきましょう。

私はどっちだったかな~?と思ってよく間違えるのです(T▽T)
これからはどっちかではなく、その都度、落ち着いて読むようにします。

0 件のコメント: