6/26/2014

近づけるべきか 遠ざけるべきか


64.Qc6+ の局面


miladiii vs. hitsujyun 1-0

私が苦手とするものの1つに、お互いクイーンが残っているエンドゲームがあります。自分のキングとクイーンを近づけるべきか? 遠ざけるべきか? でよく迷います。ケースバイケースでしょうが、経験から正しい判断ができるようにしていきたいです。

上図から黒の私は、64...Kf4?? というしてはいけないミスをして、負けてしまいました ( 65.Qf6+ でリザイン )。考える時間は十分あったので、よく考えずに指してしまったのが悪いです。

g2 でクイーン交換が起きると、白キングが c5 に行けるので白勝ちになることは考えていましたが、黒キングをどこへ向かわせたら良いか、よく考えませんでした。



ゲーム後に考えて見ると、黒キングを e3 → d2 → e1 に持っていくのが良さそうに思えました。しかし、チェスソフトの分析を見てみると、ドローになる局面のようです。


変化図 64...Ke3 65.Qe6+ Kd2 66.Qd5+ Ke1


67.Qe4+ Qe2+ 68.Qxe2 Kxe2 下図となるのは黒の勝ちでは? と思っていましたが・・・



ここから次図 ( 黒先手 ) になり、ドローとなります。



この形になったらどちらが先手に関わらず、黒が勝てると勘違いしてましたが、それは黒キングが
もう 1ランク進んだ場合でした。上図では白先手に限り、黒が勝てます。



この場合はどちらが先手に関わらず、黒が勝てます。もっとも基礎的な K vs. K P でさえも
まだ理解しきれてないのが判明してしまいました ( 汗 )


今日の一言
負けた言い訳をするより、負けた原因と対策を考える。


0 件のコメント: