1/27/2011

鍵を探す

1001 Brilliant Ways to Checkmate に出てきた Composed Problem
白先手、2手でチェックメイトです(そう簡単ではありません)。

鍵となる1手目をまず探しましょう。
白は、1手目 X と指せば2手目 Y でメイトというようにまず考えます。
黒は、Y でメイトさせないために、いくつかの応手があります。

3手でメイトの手順もいろいろあるようですが、2手でメイトです。



- 解答 -

1.Rg4( 2.Rxg2 でメイトの狙い )
1...Nf4 2.Qf3#
1...Ne1 2.Rf2#
1...Nxe3 2.Nc3#
1...Rg3 2.Qxd3#


私は1手目が 1.e4 か 1.Qg5 だと思ったのですが、2手ではメイトできない手順がありました。

黒の応手を考えるのは、攻めを失敗しないための勉強になりますし、防御手段を考える勉強にもなるので、実際のゲームでは起きない局面だとしても、プロブレムは面白いですし、勉強になります(難し過ぎるのはやりたくないけど 笑)。

ちなみに Fritz12 でチェックしたとき、始め3手でメイトの手順しか表れませんでしたが、1手目を指したら2手でメイトで間違いありませんでした。Fritz にもわからないんだから・・・^^

0 件のコメント: