11/11/2010

関連して覚える

残っているのはお互いにキングとポーン1個のみ、ポーンは同じファイルでぶつかり合っている状況。日々ゲームの中でときどき起こる状況です。

このような状況で勝つこともあれば、何だかよくわからないうちに負けてしまうこともありました。

今日 FUNDAMENTAL CHESS ENDINGS で学んだので、関連して覚えておくようにします。

白先手、黒先手 両方考えましょう。
結果のみ最後に記載します。

一通りやってみたら、ポーンやキングの位置を変えてやってみると理解が深まると思います。

問題1


問題2


問題3


問題2と3は特に関連して覚えておきたいです。

同じような問題が PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE にもあり、何度かやっているのですが、その時問題は解けても、どういう状況なのか、どうすれば良いのかということを覚えていないことを思い知らされました。

FUNDAMENTAL CHESS ENDINGS は状況分類がはっきりしているので、自分としては覚えやすいですし、理解しやすいです。頭の中が上手く整理されて覚えていけるといった感じがします。


結果
問題1 白先手で白勝ち。黒先手でドロー。
問題2 先手の方が負けます。
問題3 先手が勝ちます。自分のポーンを守るのではなく、相手ポーンの斜め後方のマスを先に占めたキング側が勝ちます。


0 件のコメント: