8/28/2012

K N B vs K Part 2



PANDOLFINI'S ENDGAME COURSE に出てくる問題です。前回の記事( リンク ) でも同じような局面が出てきましたが、ナイトとビショップが同色マスにあることで、黒キングをすでに閉じ込めています。

しかし上図は下図のような局面と駒の配置が異なるため、ナイトを W に動かしていくパターンが通用しません。



よって別のパターンとして覚える必要があります。パターンを覚えるといっても手順を覚えるのではなく、考え方が分かれば記憶に残りやすくなります。



上図の赤線で囲ってあるように黒キングの行動範囲は6マスです。ナイトとビショップは動かさず、白キングを動かして黒キングの行動範囲をさらに狭めていきます。

ビショップが h6 を支配しているため、黒キングを h ファイルの方へ追いやり、白キングを f7 に持っていけばメイトできそうです。

白キングを f7 に持っていくためには、まず白キングを e7 か e8 に持っていく必要があります。
白キングは e6 と f6 に行くことができますが、黒キングが e8 か f8 にいる限りは e6 と f6 から f7 へ白キングを進めることはできません。

よってクイーンサイドの方から白キングを e7 か e8 へ進めるようにします。

1.Kc7( 1.Ke6 でも OK ) Kf8 2.Kd7


Kd7 により黒キングは e8 に行けなくなりました。

2...Kg7 3.Ke7


Ke7 で第1段階クリア。

3...Kg8


黒キングが g8 か g7 にいれば白キングは f7 に入ることができません。

4.Bh6


白キングが f7 に入っていけるようにするため、ここでビショップを動かし黒キングが g7 にいけないようにします。 ちなみに 4.Kf6? では 4...Kf8 で閉じ込めた黒キングが脱走( 笑 ) してダメです。

4...Kh7 5.Bf8


h6 の支配を残しつつ g7 も支配してます。これで白キングが f7 へ入っていけるようになります。

5...Kg8 6.Ng4 Kh7 7.Kf7


Kf7 で第2段階クリア、メイト間近です。

7...Kh8 8.Bg7+ Kh7 9.Nf6#


1つの方法を知っていればメイトできるという訳にはいかないところが、K N B vs K をより難しくしていてますね。


追記( 9月2日 )


K N B vs K でよく起こる上図の局面、ナイトとビショップを同色マスにおいて黒キングの行動範囲を制限できます。

この局面から Bg5, Ng6 → Ne5 とできれば黒キングを閉じ込めるパターンになるため、覚えておきたいです。



0 件のコメント: