8/01/2012

最近注意している4つのこと


安全確認

候補手を考える前に
メイトされることはないか?
駒を失う可能性はないか?
不利となることはないか?

などを確認します。しかし、中盤から終盤にかけてこの意識が弱まってきて、いきなりメイトされたり駒を損失することがあります。

時間の許すかぎり、相手の可能な手を多く考えたいと思います。


弱点対処

中盤以降になると攻める手に気をとらわれやすくなり、相手の弱点を攻めることは考えても、自分の弱点をどうするか考える意識が弱くなります。

弱点を狙われたときに対処不能とならないためにも、相手の弱点を考える前に自分側の弱点について考え、対処できるようにしたいと思います。

弱点となりやすいのは、孤立ポーンや backward pawn, doubled pawns, 守られていない駒などです。


候補手比較

中盤以降で候補手の比較をしなくなる傾向があるため、時間の許す限り候補手をもっと考えたいと思います。1手ごと行うことはできないかも知れませんが、全ての駒の動きを考えてみるのも、思わぬ手に気づくことがあります。


応手確認

中盤以降で応手確認しないことさえあるので、必ず確認することと、時間の許す限り多くの応手を考えるようにします。


いずれも中盤以降、集中力が落ちてくるとおろそかになってくる事がらです。
大事なことなので意識して改善していきたいたいです。

0 件のコメント: