3/21/2011

思考過程


by F.Schulz

1001 Brilliant Ways to Checkmate に出てきた PROBLEM 白先手 2手でメイト。私はあともう少しで正解でした。ヒント 1手目は駒をとる手やチェックする手ではありません。

1.Rb5
1...d6 2.Nc7#
1...d5 2.Nc5#
1...e4 2.Qf5#
1...f6 2.Nxg7#
1...f5 2.Qg8# or 2.Qg6#
1...g6 2.Qxf7#
1...g5 2.Qxf7#
1...B moves 2.Rxe5#

全部わかりましたか^v^

1001 Brilliant Ways to Checkmateに出てくる PROBLEM は 通常の Tactics 問題とは異なり、key となる1手目が駒を取ったりチェックすることがほとんど無いです。

今回この問題を解くにあたり考えたことは

key となる1手目を見つける。
黒の受け手に対する応手を全て考える。

2手目でメイトということは、2手目でチェックがかかる手なので、まずは白1手目と2手目でチェックがかかる手を見る。同じ駒が2回動いてチェックする場合も考える。

・・・・・

しかし、良い手が見つかりません。Tactics 問題で困ったとき私が考えるようにしているのは
ツークツヴァンク
相手に駒を取らせる
ドローをねらう
Trap を仕掛ける

局面を見るとどうやらツークツヴァンクの問題のようです。白1手目にキングを動かすのかと思いましたが、上手くいきません。そしてしばらく考えているうちに c5 のナイトが a6 のナイトのために場所を空ける Clearance の Tactics に気づき正解へ近づきましたが、1.Rb5 e4 のとき 2.Qxe4 として間違えたため、完全な正解ではありませんでした。

この問題をすばやく解ける人は ツークツヴァンクと Clearance にすぐ気づく人なのかな。

"How to Solve Chess Problems" by Kenneth S. Howard という興味深い本があったので注文しました。

0 件のコメント: