6/04/2010

ひとつの憧れ・夢

「ボビーフィッシャーを探して」の映画や、最近何冊か読んだチェスを題材とした小説の影響か、ボードと駒を見なくても、頭の中だけで駒を動かせるようになってみたい、という思いにかられました。

別にそれができなくても上達することは可能ですが、「ボードを見なくても頭の中だけで駒を動かすことができる」というひとつの夢ができました。

今の年齢(39)からは厳しい現実かもしれませんが、それができるようになるにはどうしたらよいか?・・・などいろいろ考えるのは楽しいです。


頭の中だけで駒を動かせるようになると何が有益なのか考えてみました。

結果としては実力が向上する。

思考力が高まる。
思考スピードが高まる。
記憶力が高まる。
理解力が高まる。
先を読む能力が高まる。
判断力が高まる。

なんかいいことずくめですが^^; あくまで仮定としてです。


「頭の中で駒」で検索したら下記サイトを見つけました。
日本将棋連盟 羽生善治×茂木健一郎 特別対談授業「将棋は脳を育てる」

0 件のコメント: